交通事故後遺症等級認定をサポートします。

 

交通事故の後遺症の認定について、こんな不安や悩みありませんか。

  • 後遺症が認定されるのか不安
  • 後遺症の認定結果は適正なのか
  • このまま保険会社に任せのいいのか
  • 異議申立で認定されるためにはどうすればいいか
  • 医師が非協力で不安、病院を変えたほうがいいのか
  • 他の専門家に相談したが経験不足、経験ある専門家を探している
  • 後遺症認定を専門家にサポートしてほしいけど料金が不安

具体的な相談から解決までの流れ

当事務所は長年、交通事故後遺症認定の被害者サポートを数多く経験してきました。その被害者の方々の相談では以下のような悩みや不安を抱えていました。以下は、その不安・悩みの相談後に受任して適正な後遺障害等級が認定されるまでの流れです。

これらは適正な後遺症の認定が受けられない可能性のあった被害者の方々のご相談例と解決方法です。

 

 

 適正な後遺症の認定の理由と後遺症認定のための手続、その解決事例

なぜ、適正な後遺症の認定が必要なのか。

交通事故で怪我をして後遺症が残ってしまった時には、自賠責保険において適正な後遺症認定を受けることが必要となります。

理由は、後遺症が認定された場合の損害賠償部分が交通事故賠償のほとんどの部分を占めるからです→後遺障害認定の効果・意義へ

どうすれば、適正な後遺症認定が受けられるのか。

それは、後遺症が残った場合、適正な手続で後遺障害等級認定を受ける必要があるといえます。

そのためには、被害者請求手続で適正な等級認定を受ける必要があります。

→詳しくは、後遺障害等級認定手続についてのQ&Aを参照

適正な被害者請求による後遺障害等級の代表的な解決事案

その他の「代表的な解決事例」を表示

 

後遺症認定のQ&Aとポイント

後遺症認定に関するQ&A

 

その他の「Q&A」を表示

 

後遺障害(後遺症障害)が認定される3つのポイント

  • 自賠責の後遺障害の認定要件を理解していること
  • その認定要件に当てはまる後遺障害の事実を精査すること
  • その後遺障害の事実を信憑性・整合性のある医学的資料等を収集して証明すること

この3つポイントを経験と実績のある専門の行政書士がサポートします。

行政書士によるサポート

 

行政書士すぎうら事務所「3つの安心」

安心その1 全国対応

交通事故の被害者のために、全国対応します。

安心その2 料金後払い(着手金なし)

当事務所では、原則として着手金はありません。交通事故の被害者は、休業や仕事ができなくなる等の事情があります。自賠責保険の後遺障害の保険金が支払われたのを確認してからの、後払いで、安心です。

なお、料金は正式なご依頼の前に「事前に」「明確に」「すべて」ご説明いたします。

安心その3 無料電話相談・無料メール相談

交通事故の後遺障害に関するご相談は、お電話・メールとも無料にて承っております。

03-4291-5386

 

 

Translate »
PAGE TOP